PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

AutoCADでの曲面の表面積の求め方(覚え書き用)

こんにちは。
今日もひっそりと更新…。

先週、過去問をやっていたところ
通常のやり方では曲面の表面積が
求められなくてずっと悩んでいました。

ネットで調べると私が使用している
AutoCAD2010(2011では出来るみたいです)
ではどうやら曲面の表面積は
通常のやり方では求められないということ
だけが判ったのみ。

では、どうするのか?

先日、PCスクールで
インストラクターに教えて頂いたので、
忘れないように前回の試験の時同様に
個人的な覚え書き用としてアップしてみました。

rebirthがこのような試験に挑むと
いうのが少しでも判ればと思います。

が!

知らない人にとっては
それでも何のことやら…ですよね。多分。
私もです!ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

では、行きます。

曲面の表面積を求める2


曲面の表面積を求める

赤く色を塗った場所の表面積を求めます。

このように曲面になっているところの
表面積はAutoCADでは通常の方法では

『選択されたオブジェクトには面積がありません』

と出て求められません。

ちょっと面倒ですが、以下の方法で
こういった曲面の表面積を求める事が出来ます。

先程のソリッドを表面積を
求めるために分解します。

そうすると、面ごとに選択できます。

曲面・サーフェス


画像では判りやすいように求める曲面だけを
別の場所にコピーして移動させました。

そして、この曲面をさらに分解します。

曲面・円弧

そうすると上の画像のように
曲線(円弧)のみになります。
(判りやすいようにバラしてみました)


曲面の表面積を求める4


曲面の表面積を求める5


そして、それぞれの曲線を選択し
プロパティ管理で『円弧の長さ』
を調べます。

3つ(①+②+②→長さが同じため)の円弧の長さを合計します。


曲面の表計算を求める寸法

そして、この曲面の奥行きが10mmなので
円弧の長さの合計を10でかけます。

式にするとこんな感じです。

①+②+②×10=曲面の表面積

このようにして曲面の表面積を
求めることができます。

ちょっと(大分?)
判りづらいかと思いますが
同じような悩みを抱えている方に
少しは参考になればと思います。

※これはあくまでも
個人的な覚え書きとして
書いたものなので質問されても
お答えすることができませんので
ご理解のほどよろしくお願いします。


今回も訪問など出来そうにないので
コメント欄閉じさせていただきます。


スポンサーサイト

| PC関連 | 15:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。